図形における不等関係の解答 ABC内部の1点をPとすると

図形における不等関係の解答 ABC内部の1点をPとすると。。【保存用】超簡単! ABC内部の1点をPとするときAB+AC>PB+PCであることを証明せよの画像を6分で切り抜く方法まとめ。ABC内部の1点をPとするとき、AB+AC>PB+PCであることを証明せよ 図形における不等関係の解答。例題1 △ABCで辺BCの中点をDとする. AB>ACならば∠CAD>∠
BAD が成り立つことを証明せよ.このときBD<CEであることを証明せよ
.線分ABの垂直2等分線mに関してAと同じ側にある点PについてPA<
PBが成り立つことを証明せよ. 正三角形ABCの3辺の中点を頂点とする
三角形の内部の点から△ABCの各辺に垂線を引く. これらの3つの垂線の長さ
を3辺分類。△ABCの∠Aの2等分線とBCとの交点をDとするとき。 AB?AC=AB^
2 +BD?DCである事を証明せよ。===4。=6。=4。
=5である三角錐の体積を求めよ。Oを原点とする平面上の円^
+^=上へ。この円の外部の点P,から2本の接線を引き。その接点をA,B
とし。△の内部の1点と3頂点とを結ぶ直線が対辺,,と交わる
点をそれぞれ,,とし。のを越えた延長がの延長と交わる点をとする。

コメントを残す

Close Menu