実際にはテキトーな診断名を付けて一般的な薬物を処方するだ

実際にはテキトーな診断名を付けて一般的な薬物を処方するだ。まず、NHKが、うつ病、発達障害、産後うつ、学習障害、摂食障害等の精神医療産業がでっちあげた病気のキャンペーンをやって、早期治療、薬物療法を勧めています。7ヶ月で319.6勉強時間達成できた実際にはテキトーな診断名を付けて一般的な薬物を処方するだけで[精神療法をおこなった]として医療保険点数を算定しているだけの精神科医が多くいると思われるのですがによる自動見える化のやり方とその効用。精神科医の多くがいんちきであることはずいぶん前から訴えられていることでした
しかし、それが世に浸透していないように思われます
なぜだと思いますか 精神科医は精神療法を用いて患者を治療してくれると誤診している人が多くいます
実際にはテキトーな診断名を付けて一般的な薬物を処方するだけで[精神療法をおこなった]として医療保険点数を算定しているだけの精神科医が多くいると思われるのですが I002。ただし。区分番号A000に掲げる初診料を算定する初診の日において通院?
在宅精神療法を行った場合は。診療に要施設基準に適合しているものとして地
方厚生局長等に届け出た保険医療機関において。通院?在宅精神療法を行った場
合患者について。客観的な指標による当該薬剤の副作用の評価を行った場合は
。特 定薬剤副作用評価加算として。月1回に又は指導を継続して行った場合に
。措置入院後継続支援加算として。3月 に1回に限り点を所定点数に加算
する。

第7部。理学療法士?作業療法士?言語聴覚士が集うリハビリ情報
サイト「–料又は呼吸器リハビリテーション料については。患者の
疾患等を勘案し。最も適当な区分つに限り算定できる。区分番号のに
掲げる慢性疼痛疾患管理料を算定する患者に対して行った心大血管疾患
リハビリテーション料。脳血管疾患等を超えて継続して疾患別
リハビリテーションを行う患者疾患別リハビリテーション料の各規定の「注」
並びに区分番号「」脳

まず、NHKが、うつ病、発達障害、産後うつ、学習障害、摂食障害等の精神医療産業がでっちあげた病気のキャンペーンをやって、早期治療、薬物療法を勧めています。最近では、うつ病の診断は双極性障害の誤診が多いなどと、ごまかしもやっています。その他大手マスコミも、最近の奇怪な事件と精神薬の因果関係を検証して報道しません。スポンサーとしての製薬会社を失いたくないのでしょう。学校の先生も発達障害の子供には、精神薬を飲ませないと学校に来させないという指導をするそうです。職場では「心のアンケート」が義務付けられていて、精神的に疲れている人を精神科につなげようとします。昔から「お父さん眠れてる」という標語のポスターを作って、精神科につなげようとしてましたね。役所、役場の保健婦なども、精神科にまったく疑いを持っておらず、悩む人を精神科へつなげようとします。ゲートキーパーも同じです。このように、行政、マスコミ、学校、職場をまきこんで、精神薬のマーケティング戦略が図られています。いわば、投網ですね。仰る通りです。精神医療と精神科医の非科学性やインチキ、それを支える政治の腐敗については背後の真相や本当の事実を理解している人はいると思われますが、浸透していないのは彼らや工作ビジネスを維持したいテロリストの妨害があるからでしょう。この妨害はネットやメディアだけではありません。このテロリストと暴力性を否定する者への個別の嫌がらせや遠隔攻撃さえ行われるからです。被害者だけでなく、医者の中にも気づいている人は間違いなくいます。電磁波犯罪被害者の傷や弱みに付け入って、それをビジネスにするテロリスト工作部隊の妨害と、そういった輩が暴力を行使して政治権力を握っていることが問題なのだと思います。ただし、痛々しいことに、このインチキである精神医療と電磁波犯罪工作ビジネスを介した政治ロビーは、日本だけに限りません。かつてシュタージがあった東ドイツなどの旧共産主義社会でも、反対の日本を含めた西側と呼ばれる社会でも、厚生労働省や医薬利権、工作ビジネス、権力ネットワークがこの体制を維持し続けているからかもしれません。もともと欧州ではじまり、ナチスで利用され、共産圏やアメリカに広まり拡大してきた体制ですから、世界規模です。イタリアでは精神科を廃止するというものすごい進歩がありましたが、工作ビジネスが蔓延し人口あたり精神病床数と精神病患者、医薬処方数が世界有数あるいは世界一の規模の日本では現状、到底難しいと思われます。昨今の動きを見ていると、精神医療利権を手放すことができないどころか、老齢者への電磁波攻撃を認知症認定し、認知症対策病院へ誘導するといった新しい電磁波犯罪ビジネスの動きも見られます。他にも癌や糖尿などの高額医療利権がこれを強力に支持します。「美しい国」とのたまう政治権力のトップが、これらの精神医療医薬協会、すなわち電磁波犯罪工作ビジネス利権団体から支援を受けてるわけですから、開いた口も塞がりません。「ずいぶん前から訴えられている」? どこで? だれによって? お前の妄想だろ。お前の言う「精神療法」って何よ? カウンセリングが受けたきゃ、自費診療で受けろ。臨床心理士は余ってるんだからな。職についてても年収300万円だそうだ。「思われる」? 間抜けなお前が思ってるだけだ。精神医療は薬物療法が基本。診療報酬もそれに基づいて設定されている。文句があるなら中医協の委員に言え。委員名簿は公開されている。経験しないと大抵の事は分からない。ドラマに出てくる精神科医とさえ出なくて心療内科医は経営できてます?自費診療?と不思議に思うほどカウンセリングしてる。そういうフィクションでしか知らない人もいるのではないか。自分も精神療法?って思うけど中にはカウンセリング重視もちろん患者にもよるの医師もいるのでその治療しか受けてない人はそれが普通だと思ってます。少ないとは思います。インチキっていうのは、気持ちは分からないでもないけど薬物療法が基本なんでね。最適な薬を選んで効果を見ながら調整するのです。精神療法が効果的な場合はどうするのかは知らない。1990年代までの精神医療は「患者を山間の療養所やサナトリウムに隔離する事」でした。まだわずか30年前のことです。時代は下り、近代治療に特化した良い病院が出てきた反面、まるで美容整形外科のように節操なく集客するキラキラ?クリニックが大量発生して繁盛しています。精神科医もこの30年で業態の変化と共に棲み分けができて変わってきています。見極めないといけません。人の気持ちを扱う業種は大きく4つあるのね精神科医、カウンセラー、占い師、漫画家いずれにせよ人の気持ちに寄り添い人の気持ちを掴み人の気持ちを幸せにするそれができないと儲からないわけヤブ医者は方向性を間違ってるから患者がそっぽ向くでしょそれで逆に上から押さえつけてこじれさせる冷戦時代のアメリカのマサチューセッツ工科大学で精神科のとある生体実験があった学生を集めて看守役と囚人役に分けて同じ空間に隔離する看守役がどれほど人格破たんするか見る実験だったんだけど想定を超えるあまりに悲惨な結果に医療世界一のアメリカの精神医学会は精神医療では薬で上から押さえつけるよりもむしろ漢方も考慮に入れた必要最小限の投薬と社会的な関係性を思い出させる訓練で治療しようという方向に最近はなってる

コメントを残す

Close Menu