本覚寺詐欺寺 なかったら寺やら教会は詐欺集団やろ

本覚寺詐欺寺 なかったら寺やら教会は詐欺集団やろ。そんな事あるのかないのか、証明できる人がこの世に存在しない限り詐欺と断定できない。なかったら寺やら教会は詐欺集団やろを使ったプレゼンに関する理系大学院生8年間の集大成!スライドのデザイン/作り方をまとめるよ。。死後の世界なんてあるんか なかったら寺やら教会は詐欺集団やろ 本覚寺詐欺寺。霊視商法詐欺で解散命令が出された宗教団体のお寺の廃墟。通称「詐欺寺」の
廃頽した現在の景色や事件の内容を持っているので。集団から良くしてもらっ
たりポジティブな期待をされるとそれにこたえなければならない創価学会はなぜ社会から嫌われるのか。キリスト教の教会に学会員がやってきて。イエス?キリストが復活するなど非
科学的で。キリスト教の信仰は間違っていると議論を吹っかけてきたのである。
ところが創価学会には。そうした面はまったく見られなかった。現代巫者研究。そこを拠点にしてきた金剛 寺という寺院の詳細。また同寺の弟子である
カミサマたちの語りを扱うことで。修行の後ばイタコとは呼ばれなかった者
カミサマや。イタコを自称する者が。青森県外からの 口寄せ依頼者の需要を
満たす

そんな事あるのかないのか、証明できる人がこの世に存在しない限り詐欺と断定できない。ある事を証明できないからない事が確定する訳ではあるまい。だから、商売になるんだろ。お寺も教会も神社も慈善事業ではなく商売という訳。私は死後の世界など信じませんよ。信じる者につけこむ悪い人間がこの世にはウヨウヨいますからね。生まれ変わりに関する研究は、かなり行われています。ブライアン?ワイス博士は米国の精神科医ですが、キャサリンという女性患者が退行催眠療法中に古代エジプト時代の過去生のイメージを語り始めました。ワイス博士は、それまでスピリチュアルな事や生まれ変わりなどをまったく信じておらず、キャサリン自身も生まれ変わりを信じていませんでした。その後もキャサリンはいくつかの前世を思い起こし、前世退行中にキャサリンはワイス博士しか知らないはずの個人的な事柄を言い当てます。その後、何度か前世を確認して、キャサリンの恐怖症は治癒していきました。キャサリンの治療が終わってからもワイス博士の患者が前世を語るケースがたて続けに起こり、ワイス博士は徐々に精神世界に心を開いていくようになり、最後には前世の存在を確信し、前世療法を確立して、関連する多数の著書も出版しています。『ブライアン?ワイス博士来日特設ページ』の内容より引用バージニア大学の精神医学科の学科長も務めたイアン?スティーブンソン博士は、「前世の記憶を持つとされる子どもたち」が世界中に存在することを知り、「生まれ変わり」現象について研究を行なう価値があると判断して、インドでの調査を行った結果、短期間のうちに二十数例を発見します。現在までに、スティーヴンソン博士と彼が率いる研究グループは東南アジアを中心に、幼い子供が前世の記憶を語る事例を2500件以上集めています。スティーヴンソン博士の研究は、月刊の科学雑誌として最古の歴史を誇る『Journal of Nervous and Mental Disease』に掲載され、特集が組まれた。その反応として、スティーヴンソン宛に世界中の科学者から論文の別刷りを請求する手紙が約1000通届いたとされる。当時の編集長であったユージン?B?ブローディ教授は、以下のコメントを残している。このような特集を組んだ理由は、執筆者が、科学的にも個人的にも信頼に足る人物であること、正当な研究法をとっていること、合理的な思考をしていること、といった点にある。以上の条件が満たされるなら、人間の行動に関する知識の増進をめざす雑誌が、このようなテーマの論文を自動的に不採用にすべきではないし、そうしてはならない義務があると思う。Wikipedia『イアン?スティーブンソン』、COURRiER Japonの記事より引用日本のテレビ番組でも前世や生まれ変わりに関する内容が放送されており、退行催眠を受けた人が、まったく知らないはずの時代の様子を話し始め、後からそれが史実と合っているかどうかを検証すると、確かに史実と符号することが確認できたり、その国に行ったこともなく、その国の言語を学んだこともないのに、催眠中にその国の言葉を話し始めて、その言語で会話もできたりという常識では考えられない事も確認されています。こちらを参照してください。日本心霊科学協会という団体があります。有名大学の教授が理事や理事長を歴任しているようです。ウィキペディアに書いてある記述から一部を抜粋します。◎目的は、心霊現象に関する諸般の科学的研究を行うと共にその成果にもとづき人生の指導原理の普及を図って人類の福祉に貢献することである。◎日本心霊科学協会では、スピリチュアルな健康を希求して、医師?精神科医の指導のもと、毎月心霊医療研究会を開催している。相談を希望する会員は、心霊医療研究会において霊的能力者の面談を受けることができる。日本心霊科学協会の公式ウェブサイトの「カテゴリー」の個人相談にある個人相談スケジュールには、霊的能力者の名前が記載されています。霊的能力者とあるからには、なんらかの形で霊的能力があることが確かめられたのだろうと思います。寺社は観光名所でもありますし、ご先祖さまの供養は、自分や子孫に優しい思いやりのある心を育てるものです。死後の世界がなくとも詐欺などではありません。人の心に安らぎを与えています。死後の世界が、あるか?ないか?別として。生き残された、心のよりどこり。実際科学ではしょうめいできないこともあるしね。

コメントを残す

Close Menu