comicoコミコ 更に言えば昨今~の天才だとか~の奇才

comicoコミコ 更に言えば昨今~の天才だとか~の奇才。同じであることと違うことの選り分けを行うと、もっとわかりやすくなるのかなという気がします。【翻訳】ぼくとオタクで異なる「更に言えば昨今~の天才だとか~の奇才だとか言って天才を量産して彼は天才だからとか馬鹿だからとか挙句何人だからといって奴の考えは理解出来ないといって思考停止をしますが」が開発の生産性の違いを生む。全ての理論は突き詰めると結局人の直感に依る訳ですから
正しい理論は正しい手順を踏みさえすれば万人に理解されなければなりませんよね しかも理解できる理論は 厳密に言えばどんなに低確率でも考えつき得る

で俗に天才といわれる人がそうでない人とどう違うのかといえば普通は
a→b→c→dと考えるところをa→c→dと感覚的に、飛ばしてというか実際飛ばしていないとしても意識的に考える必要がない 結果として歴史的理論を打ち立てやすい
ただ、誰でも{そんなに簡単でないだろうけど}全て理性的思考で正しく処理すれば真実に近づき得る{後は発想力の問題だと思う}
同じ仕事をするにしても速度以上の違いがあるとは思えない{理性的に処理できれば}

昨今では理性的思考の強い人を天才と言いますが
逆に理性は身につけさえすれば万人の使える凡才の唯一且つ最大の武器だと思います
更に言えば昨今~の天才だとか~の奇才だとか言って天才を量産して彼は天才だからとか馬鹿だからとか挙句何人だからといって奴の考えは理解出来ないといって思考停止をしますが
万人にとって1足す1は2であり価値観以外の差は相手の経験を鑑みることさえできればあり得ないとおもいます
すくなくとも相手と意見が食い違った際相手も何らかの思考の末に違う結果にたどり着いたのであってその点で自分となんら変わらない何故そうも易々と退けられるのか

と今思いついた事をダラダラと書いています
多分何かしら間違いあると思います
どこがまちがっていますか
また これに関してどう思いますか
見下すのではなく的確な意見と感想お願いしますele。だから御大も無視できないのだろうし。これが音楽作品として面白いかどうかは
。フリーダウンロードできるので聴いて判断して意見を聞かせて中学の頃には
友だちの母親から立花ハジメや だとかのを貸してもらっ
たりしてました。。もっと漠然に「趣味」として最近はヒップ
ホップとか。そういう音楽に興味を持っています。。限定して言え
ば。むしろはじめは僕の曲を聴いてくれるのなんて親しい男友だちのふたりだけ
でしたよ。

更に言えば昨今~の天才だとか~の奇才だとか言って天才を量産して彼は天才だからとか馬鹿だからとか挙句何人だからといって奴の考えは理解出来ないといって思考停止をしますがで月5万稼ぐための99のノウハウ。立川談志。漱石は三代目小さんを「天才である。あんな芸術家は滅多に出るものぢやない」
と評した。僕たちには立川談志がいた。あの最後の名人は稀代の名文家でもあっ
た。漱石に倣えば。少し前に生まれても談志は聞けなかった。少し遅れても同様
だ努力は。第回PHP賞受賞作 年ぶりの同窓会。 成績がクラスでビリだった私が教師
をしていると言うと。どよめきが起きた。「お前みたいな馬鹿は。答えでも見
ながら授業しているんだろう」とまで言われた。comicoコミコ。最大最強の南波なんば刑務所で 刑務所の居心地の良さに脱走しては刑期を
延ばす 主人公?ジューゴと。女とギャンブルが理屈や科学で証明できない恋愛
感情ってやつをさ」私が天才?立川聡輔と恋人になって恋を教えてあげることに

秒間762万つぶやきを処理、更に言えば昨今~の天才だとか~の奇才だとか言って天才を量産して彼は天才だからとか馬鹿だからとか挙句何人だからといって奴の考えは理解出来ないといって思考停止をしますがシステムの“今”。親バカは。親バカ」を辞書で引くと。「親が子に対する愛情に溺れ。はた目には愚かなこと
をして。自分では気づかないこと」『フランス人男性と結婚してフランスに
在住する日本女性の話によれば。フランス語に「親バカ」という表現はないのだ
とか。とはいえ。親バカも度を過ぎればはた迷惑ですし。子どもをつぶして
しまいかねません。が。いい結果が出なかったからといって。あるいは失敗
するのが心配だからといって。親が口や手を出すことは。本来育まれて天才とバカの差をはっきりと表している写真。斜めに座らなきゃ。用が足せない。 これを作ったやつには。ボーナスを。コメント。夜中の時に合わせ鏡をして「辱」と唱えると。全裸の男が総武線でやってきて
断罪されるらしい??????夜人の作者は世界鬼とか書いてて実績がある
から再開が望まれてるけど辱は内容が散々だからネタとして扱われてるのかな
銃に例えてるやつって。自分で早撃ちですって言ってるようなもんだよな。
数字が採れるテンプレ漫画を量産しているのだ。窪茶とかいう設定考える天才
シチュエーション思い付く鬼才絵も丁寧に描けば達人好きだッ お前の新作が
欲しい

同じであることと違うことの選り分けを行うと、もっとわかりやすくなるのかなという気がします。同じ人間なのだから同じように頑張れば自分も天才を理解できる、ということなら仰る通りです。それはそれで一つの結論だと思います。ただ、そこから先に行くためには、お互いの差異を意識する必要は出てくるのかなと。「天才といわれる人がそうでない人とどう違うのか」に関しては「a→c→d」というスキップよりも、もっと複合的な思考なんじゃないでしょうか。例えば「a→b→c」に「1→2→3」の発想を混ぜてくる「a→3→c→1→b」といったハイブリッドで自由なラインを想像できてこその天才かなと。スキップするだけでは「歴史的理論」にまでは至らない気がします。そう考える時、「誰でも全て理性的思考で」「正しく処理すれば真実に近づき得る」という結論にはならないかもしれません。逆に「速度以上の違いがあるとは思えない」と考えてしまうと、天才の発想は理解できないということにもなってくるんじゃないでしょうか。要するに最初から天才と我々は「同じ仕事をするにしても」という状況にないんじゃないかと。なので、bec********さんも既に指摘されていますが「後は発想力の問題だと思う」という部分に着目すべきかなと自分も思います。理性的思考というのが自分にはピンときませんが、感情に対する理性という意味なら、ちょっと違う気がします。論理も少しずれる印象です。論理だけだとジャンルのハイブリッドはかえって起きてこないんじゃないのかなと。論理的に思考された後に改めて境界を超えて再構築されるオリジナルの発想が天才を天才たらしめているのではないかと個人的には思います。であれば、「理性は身につけさえすれば万人の使える凡才の唯一且つ最大の武器」とはならないでしょう。むしろ凡人が駆使できる武器はもっとたくさんあるだろうと思いますし、そもそも何と戦う武器なのかという気もします。我々のような凡人にもっとも必要なのは自らの敵が何者かをまず知ることではないでしょうか。明確な着地点が見えてこそ、そこに至るオリジナルの過程を創造することができるのではないかと。要するに全体を俯瞰できているかですよね。俯瞰できるから境界が壁にならないのだと思います。天才に対して思考停止したい人はいるでしょうし、それはそれでいいと思います。他人のことですから「何故そうも易々と退けられるのか」は自分を鼓舞する言葉でさえあればよいかと。思考停止したくない時、天才の考えを「価値観以外の差は相手の経験を鑑みることさえできればあり得ない」と考えることは、前進のための一つの手がかりにはなるでしょうが、実際に鑑みた時「相手の経験」は個々に違いますよね。「違う結果にたどり着いた」のであれば、それは「違う」のであって「自分となんら変わらない」という言葉もまた、天才を理解しようとする己を鼓舞する言葉となるだろうと思います。だとしたら、その言葉は前進する勇気を持てた時点で役目は終わりです。そこから一歩前進するために必要なのは、何が違うかの観察ではないでしょうか。勇気を持つために「同じだ」という結論へ向けて排除してきた天才との差異を、この段階に来たら今一度拾う必要があるだろうと考えます。「後は発想力の問題」というのは発想力が違うわけで、「速度以上の違いがあるとは思えない{理性的に処理できれば}」というのは、速度も理性的処理も違うということです。「価値観以外の差は相手の経験を鑑みることさえできればあり得ない」といったところで価値観も経歴も違うわけです。「相手も何らかの思考の末に違う結果にたどり着いた」のであれば「何らかの思考」にお互いの差異はあるわけです。だから、この段階では「自分となんら変わらない」ではなく、自分との違いと真摯に向き合う必要はあるのかなと。もしかしたらこれからその段階に入られる予定だったかもしれず、だとしたら余計な指摘ですが、質問文を拝見した上での感想として回答させていただきます。お考えの一助となれば幸いです。>全ての理論は突き詰めると結局人の直感に依る訳ですから直感というより、直観、実際の経験に依るとして回答します。>正しい理論は正しい手順を踏みさえすれば万人に理解されなければなりませんよね?たとえば、この日常、人が知覚?経験している世界が何であるかということを誰かが解明したとします。経験していることを、その経験のプロセスを詳細に解明し尽くしたとします。少なくとも現代生きている、この同時代人が、自分自身の経験に照らして、その通りだと思い、認識が変容するはずです。>全ての理論は突き詰めると結局人の直感に依る訳ですからうんにゃ>正しい理論は正しい手順を踏みさえすれば万人に理解されなければなりませんよね?うんにゃ>しかも理解できる理論は 厳密に言えばどんなに低確率でも考えつき得るうんにゃ>で俗に天才といわれる人がそうでない人とどう違うのかといえば普通はa→b→c→dと考えるところをa→c→dと感覚的に、飛ばしてというか実際飛ばしていないとしても意識的に考える必要がない 結果として歴史的理論を打ち立てやすいうんにゃただ、誰でも{そんなに簡単でないだろうけど}全て理性的思考で正しく処理すれば真実に近づき得る{後は発想力の問題だと思う}うんにゃ同じ仕事をするにしても速度以上の違いがあるとは思えない{理性的に処理できれば} うんにゃ>昨今では理性的思考の強い人を天才と言いますがゆわない>逆に理性は身につけさえすれば万人の使える凡才の唯一且つ最大の武器だと思いますうんにゃ>更に言えば昨今~の天才だとか~の奇才だとか言って天才を量産して彼は天才だからとか馬鹿だからとか挙句何人だからといって奴の考えは理解出来ないといって思考停止をしますがしない>万人にとって1足す1は2であり価値観以外の差は相手の経験を鑑みることさえできればあり得ないとおもいますうんにゃ>すくなくとも相手と意見が食い違った際相手も何らかの思考の末に違う結果にたどり着いたのであってその点で自分となんら変わらないかわる>何故そうも易々と退けられるのかめんどくさいから>と今思いついた事をダラダラと書いていますごくろーさま>多分何かしら間違いあると思いますある>どこがまちがっていますか?「うんにゃ」とコメントしたとこ>また これに関してどう思いますかどーも思わない>見下すのではなく見下してない>的確な意見とボクアホだから無理>感想お願いします特にはない?o?理性を論理に読み替えればすんなり読めたが論理的思考の強い人を天才というのではない書かれてあるように論理は万人向けでありそれは凡人も天才も装備している{後は発想力の問題}とシレッと付け足しのように書いてるいるがこの発想力こそが凡人と天才と違いであって百年経っても凡人には思いつけない発想ができるからこそ天才なのである俺も前から言ってんだ人は同じ過去があればどんな人間も同じだろってけど違うらしい

コメントを残す

Close Menu