Excel 任意の確率を考慮しないVBAはいろいろなサイ

Excel 任意の確率を考慮しないVBAはいろいろなサイ。雰囲気、以下でどうなりますか説明が必要なら、返信頂けたらと???Option。【驚愕】任意の確率を考慮しないVBAはいろいろなサイトにあるのですが???の見積もりとスケジュール管理。任意の確率を考慮しないVBAはいろいろなサイトにあるのですが???
1から6ある数字のうち任意の確率で3つ乱数を発生させ
かつ重複しないようにしたいVBAを 作成したいのでアドバイスお願いします

例)1から6の数字がある場合
1、30%
2、50%
3、5%
4、5%
5、5%
6、5%

実行結果(例)
1回目 512
2回目 134
3回目 261
4回目 465
?
?
?

※任意の確率の考慮しない場合
Sub Sample()
Dim i As Long, myNum As Long
Dim myFlag(1 To 6) As Boolean

& x27;乱数系列を初期化
Randomize

For i = 1 To 3
Do
& x27;乱数=Int((最大値 最小値 +1 ) * Rnd + 最小値)
myNum = Int((6 1 + 1) * Rnd + 1)
Loop Until myFlag(myNum) = False
Randomize
Cells(i + 2, 1) Value = myNum
myFlag(myNum) = True
Next i
End SubExcel。約年前です。多くの方が。ここに書いた方法を参考にしてくれていますが。
重複しないリストを作るのは。ほかにもたくさんの方法があります。
サイトをリニューアルしたついでに。ほかの方法も書きました。力技
も含めていろいろな方法が考えられますが。ここでは
オブジェクトライブラリ内のオブジェクトオブジェクト
では。こうした連想配列にデータキーと値のセットを追加したり。検索したり。
任意のキーがすでに

8泊6,464円以下の格安任意の確率を考慮しないVBAはいろいろなサイトにあるのですが???だけを紹介。MsgBox関数の使い方1。関数の使い方 – メッセージボックスの表示方法| 画面
にメッセージを表示する関数は。マクロになくてはならない便利な命令
です。 たとえば次のように使います。実行すると。[]ボタンがつだけ
ある小さなメッセージボックスが表示されます。 この関数は。ほかにも
いろいろな使い方ができます。 ここでは。の検索 詳細検索
サイト内Webアプリケーションを自動で操作してみよう。アプリケーションの自動化では。この要素を特定して操作する必要がある
ので。お使いのブラウザでの多くの場合。上記の方法で自動操作ができますが
同じページを同じソースコードで実行してもエラーが発生する場合と発生しない
場合があります。が[低整合性]タブであると想定しているため。保護モードが
オフのサイトに移動した時点で制御を失います。やなどの何処でもは
いっていそうなプログラミング言語で自動化できるのは強みです。

情報システム開発契約のセキュリティ仕様。また。さまざまなベンダーやコミュニティからの提案を受け。逐次。改訂され
ていこの際に。難読化された が起動し。コマンドラインインターフェース
を起動で始まらないサイトは閲覧しない。パスワード解析ツールがあること
から/された場合の企業や社会に及ぼす影響を考慮に入れて設定されるべき
です。

雰囲気、以下でどうなりますか説明が必要なら、返信頂けたらと???Option ExplicitPublic Sub Samp1???Dim dic As Object???Dim vA As Variant, vC As Variant, v As Variant???Dim sS As String???Dim i As Long, j As Long, k As Long, n As Long???Const CC As Long = 3 ' 抽出数???Randomize???sS = InputBox試行回数?, , 30???If sS =Then Exit Sub???n = ValsS???If n1 Then Exit Sub???vC = Array _?????????Array1, 30, Array2, 50, Array3, 5, _?????????Array4, 5, Array5, 5, Array6, 5 _?????????k = LBoundvC???Set dic = CreateObjectScripting.Dictionary???For Each v In vC??????For i = 1 To vk + 1?????????dicdic.Count = vk??????Next???Next???vC = dic.Items' ★~???k = dic.Count???For i = 1 To k / 2??????j = Intk * Rnd??????k = k – 1??????v = vCj??????vCj = vCk??????vCk = v???Next' ~★???Application.ScreenUpdating = False???With ActiveSheet??????With .RangeA1.Resizen?????????.CurrentRegion.ClearContents?????????.NumberFormatLocal = 0 回目?????????For i = 1 To .Count????????????vA = vC????????????k = UBoundvC + 1????????????dic.RemoveAll????????????While dic.CountCC???????????????j = Intk * Rnd???????????????dicvAj = Empty' ☆~???????????????k = k – 1???????????????vAj = vAk' ~☆????????????Wend????????????With .Cellsi???????????????.Value = i???????????????.Offset, 1.Resize, CC.Value = dic.Keys????????????End With?????????Next??????End With???End With???Application.ScreenUpdating = True???Set dic = NothingEnd Sub仮に1個目で一番目に確立の高い2が出たとします。2個目で2番目に確率の高い1が出たとします。3個目は必然的に3,4,5,6のいずれかになりますよね。3個目というか3,4,5,6の出現回数を重複を許さず5%にすることはできないのでは?1個目だけの出現回数を1、30%2、50%3、5%4、5%5、5%6、5%にするのは簡単なんですが、一例です。ご参考までに。Sub Sample2Dim I As Long, myNum As LongDim myProbability As VariantRandomizemyProbability = Array30, 50, 5, 5, 5, 5For I = 1 To 3CellsI + 2, 1.Value = ArbitraryRandmyProbabilityNext IEnd SubFunction ArbitraryRandByRef Probabileity As Long Dim I As Long, Total As Double, R As Double For I = LBoundProbabileity To UBoundProbabileity Total = Total + ProbabileityI Next R = Rnd * Total Total = 0 For I = LBoundProbabileity To UBoundProbabileity Total = Total + ProbabileityI If R = Total Then ProbabileityI = 0 ArbitraryRand = I + 1 – LBoundProbabileity Exit Function End If NextEnd Function確率をずらしたい場合は、ルーレットをイメージするとわかりやすいです。6マスあって、そこに1から6までの番号が振られたルーレットなら、出る確率は同じです。では、1だけ出る確率を2倍にしたいならどうしますか?答えは簡単で、1つマスを増やして、1のマスだけ2つ作れば良いのです。2?6の確率は1/7ですが、1の確率は2/7になって、他の倍になります。%でやりたいなら100個のマスを用意すれば良いです。そのうちの30マスに1を割り当てれば、1のでる確率は30/100=30%になります。重複防止は、重なったらその度にやり直すかマス目を工夫して調整するかちょっと面倒で対処できるかと。

コメントを残す

Close Menu