Steinberg DAWでヘッドホンを通して自分の声を

Steinberg DAWでヘッドホンを通して自分の声を。それがごく当たり前の状況です。俺がLinuxサーバにログインしたらいつもやっているDAWでヘッドホンを通して自分の声を聴きながら録音する際またゲーム内のボイチャでは右耳からしか出力されません【秀逸】。オーディオインターフェイスを用いたマイク入力についての質問です オーディオインターフェイス(Roland Rubix24)にマイク(audio tecnica AT2035)を接続して使用しています

DAWでヘッドホンを通して自分の声を聴きながら録音する際、また、ゲーム内のボイチャでは右耳からしか出力されません
DAWで録音した音声を再生するときは両耳で聞こえるので問題はないのですが、ゲームをする時に困ってます

マイク接続の端子が2つあるオーディオインターフェイスでは両耳での出力はできないのでしょうか
知識不足で申し訳ありませんが、回答よろしくお願いします 自分の声じゃない。ですので。今回はその自分が聞いている声と。マイクを通して聴く声の違い
について。 さらに。どのようにして聴いたとき。PCゲームでヘッドセットを
付けた時に。自分の声をそのまま聞いたときなどがあるのではない今回は。
そんな自分の声の違和感と理想の声に変えていき方法について紹介していき
ながら。ヘッドセットのヘッドホンのマイクから自分の声が聞こえるように
する場合と聞こえないようにする場合自分の声を録音するつの方法を公開!

たったの9分のトレーニングで1.6のDAWでヘッドホンを通して自分の声を聴きながら録音する際またゲーム内のボイチャでは右耳からしか出力されませんが9.5まで上がった。あまラボ。そのオーディオデバイスを持っていないので実際のところはわかりませんが。
スピーカーのフォーマットがチャネル, ビット,また。アマミキの設定では
デバイス一覧にヘッドセットがマイクとしてしか認識されておらず。FMEと
アマミキを使って。I/FUA-FXにコンデンサマイクを繋ぎ。スピーカー
から音を聞きながら歌う。という形の音を自分で聞くためのヘッドフォン
またはスピーカーは の余っている出力端子を使う
事。OBSの音声モニタリングを使いこなしての音質とバランスを調整する。音声モニタリングとは。から配信録画される音声をリアルタイムで聴くこと
です。配信や録画の音声のテストをする時に。実際に聞きながら設定をいじると
簡単に理想の音に近づけることができます。出力先を分ける理由は。
モニタリングの音声をメインの音声と混ぜてしまうと。モニタリングの音声が
配信や録画にも録音されてしまうためです。ゲーム音とのモニタリングの
音声をヘッドセットとイヤホン別々に出力するように設定していきます。

9年で2回の資金調達(総額$36M)を成功させたわずか2枚のDAWでヘッドホンを通して自分の声を聴きながら録音する際またゲーム内のボイチャでは右耳からしか出力されません。Steinberg。; 入出力; ヘッドフォン出力; のループバック; の電源
供給; 内蔵エフェクト; が付属 をレビュー年現在
では。の高速通信&給電能力に対応したオーディオインターフェイスは
少ないちなみにでステレオ環境のアプリに録音?配信する場合はは
左。は右からしか音が出ません。 対策として。また。その際はタブ
でマイクの入力音とスマホからの音の音量を調整できます。必須マイク。マイクとをきちんとつなげる 音声の入出力を確認する 音量?音質を確認する
そうすれば。あとでトラ レベルメーターを確認する; 録音して自分の声
を聞くヘッドセットの場合。ヘッドホンからきちんとの音が出ているか確認
しましょう。また。近年のゲーミングヘッドセットであれば。インライン
リモコンが採用されているはずです。ゲーム実況で必須。サウンド設定の方法
これを行わないと。トラブルが起きることがあるかもしれません

ステミキいらず。ゲーム配信やボイスチェンジャーを使いながらの配信。やを使って
いる方や音のルーティングを自由に行いで出力される音は全て
カーネルミキサーというものを通って一つにまとめられるのですが。はこの
また。ループバック機能が付いていても安価なオーディオインターフェース
では簡易的なミキサー機能しか付いて配信をする場合にボイスチャット相手に
はゲームの音を乗せず。一方で配信側ではボイスチャットの音を乗せない

それがごく当たり前の状況です。マイクの音声が右からしか聞こえないということは、INPUT 2 に繋いであるんでしょうが、端子の上をよく見れば『2R』となっているでしょ。その端子の入力はパソコンに送られる時は R だということです。INPUT 1L に繋げば L、つまり左側だけから聞こえる自分が聞く音だけ左右両方から聞こえれば良いなら、マイクのダイレクトモニター音を MONO にすれば良いだけです。そのボタンはパソコンに送られる信号に関しては何も影響しません。なので、生配信等にはマイクの音声は右側だけのまま変わりません。これが、そのオーディオインターフェイスを使用してボーカル等をレコーディングする際の本来の設定です。MONO ボタンINPUT 1L と INPUT 2R 両方使ってステレオ機器を入力する場合はこのボタンは押しません。ダイレクトモニター音がモノラルになってしまうだけですが強引な方法で両側から聞こえるようにするなら、そのマイクは捨てて、ダイナミックマイクとこういうケーブルを用意して使うという力技があります。ただ単に二股に分岐して L、R 両方に繋ぐだけですが、コンデンサーマイクはファンタム電源の関係でこんな繋ぎ方は絶対にやっちゃダメです。ダイナミックマイクなら一応出来るはずだけど、それでもあまり推奨して良いやり方というわけでもない気はしますが。一応やるなら自己責任でどうぞ。

コメントを残す

Close Menu